マシンガンと四天王

横浜DeNAベイスターズとプロレス好きの戯言。

困惑のtwitter

僕はブログタイトルでもある“マシンガンと四天王”と言う名でtwitterをやっています。

昨夜の出来事でした。

僕は、音楽バラエティの「関ジャム」って番組が好きで毎週見るようにしています。

数年前にEテレで「亀田音楽専門学校」って言う番組があって、少しそれに似ているんですよね。

音楽のより専門的な部分に焦点をあて、例えば、歌詞であったり、コード進行であったり、作曲であったり、楽器や音楽機材、裏方の存在とか、深い部分を見せてくれるのですね。

まぁ、もともと僕は音楽をやっていて、ギャラを頂いてイベントに出演するぐらいのとこまではいった事があります。なので、音楽を深掘りしてくれる関ジャムは余計に気になる番組なんですね。

その関ジャムでは番組後半に、関ジャニ∞とゲストがライブセッションを行います。それを観ていつも感じる事が、ベースの丸山君の存在感。昨日はベースを置いてメインボーカルとして、山下達郎さんのクリスマスイブを歌っていました。

不思議なんです。

フロントマンとしての存在感は、錦戸君やすばる君の方があるとは思うのですが、音楽的な才能ではメンバーで1番丸山君があるような気がするのです。あのベースを弾いている時のいでたちとか雰囲気。昨日の歌声も。

で、昨日も番組を観終わった後、そのいつも感じていることをtwitterで呟いたのです。

 

「丸山くんって、フロントマンでは無いけど、メンバーで1番音楽的な才能を感じる」

 

みたいな事をね。

そしたら、いままで経験したことのないリツイートといいねの嵐!

 

f:id:jyunbo:20171211104939p:image

 

👆この写真はこの記事を書く少し前に撮ったものですが、こんなに数字をもらった事ないので、けっこう困惑しています。今現在もどんどんリツイートやいいねされていて、もちろん嬉しいのですが、なんだか「怖い」。

これからどうなってしまうのだろうとビクビク(笑)

 

ははは。でも、ありがたい事です。

 

僕のたった一回の経験でそんな感覚に陥るわけですから、沢山のフォロワーをかかえている方とかは、けっこうなプレッシャーの中で呟いてたりすのかな〜。

大変ですね。

 

とりあえず、ジャニーズ系の凄まじさを感じた出来事でした。