マシンガンと四天王

横浜DeNAベイスターズとプロレス好きの戯言。

大杉漣主演「夜汽車の男」

今朝…いや昨夜だっただろうか。記憶も定かでなくなるぐらいショックでした。

なんだか最近、訃報が多い気がします。

 

僕は世にも奇妙な物語が好きで、ヒマな時によく観てるのですが、意外にも“食べる”系の物語がとても奇妙で面白いのです。

その中でもお気に入りの3作品が…

伊藤淳文主演の「理想のすき焼き」。玉置浩二主演の「ハイヌーン」。

そして大杉漣主演の「夜汽車の男」がとにかく面白くて、何度も繰り返し観ています。

 

youtu.be

 

これは観る人によってはしょうもない物語になるかもしれませんが、僕は好きですね。

内容はここでは触れずにおきます。

 

北野武監督の映画で脚光を浴びた影響で、人気が出たての頃はコワモテのイメージが先行して、怖がられる事が多かったようです。

でも、僕はその笑顔が好きだったんですよね。やさしい笑顔でした。

正直、お芝居のことはよくわかりません。

ただ、大人になったら大杉漣さんのように優しくもカッコいい大人になりたいです。

 

66歳。

 

残念です。

安らかに。

また必ず夜汽車の男を観ますね。

それまでは、さよなら。

 

合掌。