マシンガンと四天王

横浜DeNAベイスターズとプロレス好きの戯言。

僕の3.11。「彼方へ」

7年前の今日。14時46分。

やはり、日本人には忘れられない記憶。

各地で黙祷が行われるのでしょう。

 

僕がまだ沖縄在住であった7年前の夏。

とある携帯電話のショップに勤めていた頃。ある家族が新規契約で来店していた。母親と、高校生ぐらいの息子さん。そして中学生ぐらいの女の子。

細かな内容はもう覚えていないけど、家族間の無料通話の流れから、福島から移住してきた家族だと知った。

父親は福島に残り仕事を頑張っているのだと言う

震災から数ヶ月経っていたとはいえ、一家の主人を残し、故郷を離れ日本の最南端への移住に、大変な思いをしているはずなのに、僕は何も声をかけてやる事が出来ず、淡々と契約を進めてしまいました。

3.11がくると、どうしてもこの時の記憶が肩をたたき振り向かせるのです。

 

あの家族はその後どうなったのでしょうか?

そして僕はあの時なんて声をかけてやれば良かったのでしょうか?

考えれば考えるほど自分が嫌になります。

 

「彼方へ」

youtu.be

 

この曲は、僕の亡き祖母を想い作詞しました。

作曲はビリー・バンバンのサポートギタリストであり、「また君に恋してる」の作曲者「森正明(もりまさあき)」さんです。

歌は沖縄県在住で県内外で活動している「平良こずえ」さんです。

 

生まれ故郷である宮古島を離れた時のことを回想し、祖母と過ごした日々をメインに書いていますが、テーマは「永遠」でした。

僕個人の解釈ですが、この世に永遠は存在しないような気がします。

でも、僕の心の中に染まった色は、間違いなく「永遠」なのです。

その「永遠」とは、いつまでも変わらぬ愛なのかもしれませんし、そう思いたいのです。

 

もし、3.11関連でこのブログにたどり着いた方がいるのであれば、この曲をおくりたいと思います。

僕個人の想いを歌詞に込めてますが、通ずるものがあると感じています。

 

愛してくれたあの人は、きっと明日へと導いてくれている。

 

また日が沈み、また日が昇る。

大切な時間は過ぎていき、幻のよう。

尊い日々の全てをいだいて、目を瞑るのです。

 

2018.3.11  14:08   平良 潤