マシンガンと四天王

横浜DeNAベイスターズとプロレス好きの戯言。

【備忘録】中部国際空港(セントレア)→宮古空港間のチケットを安く、しかも早く到着した時の方法

 

記事を作成しようとはてなブログへアクセスすると「不倫に誘ってくださったあなたたちへ」という記事がデカデカとあったので、マジマジと読んでました。

ericca.hatenablog.com

 

うむ。感想は言わないけど、表現力がいいなと思った。

 

 

と言うことで、本題に入ります。

 

前回の記事に書きましたが、11月24日、僕は故郷である宮古島へ帰っていました。

jyunbo.hatenablog.com

 

その時、飛行機のチケットを取るのに手こずったのと、次回からはそうしようと思ったことがあるので、備忘録的な感じでここに記述しておきます。

ま、旅慣れしている人にとってはごくごく普通のことかもしれませんが。

 

【もくじ】

 

  

中部国際空港宮古空港間のチケットを安く、しかも早く着く方法。

 この記事を書いているのが12月15日。普通、飛行機のチケットを予約するのは1ヶ月ぐらい前に行うと思うので、1ヵ月後の2019年1月19日(土曜日)を例に考えてみます。

 

セントレアから宮古空港への便は1日に1~2便あります。

当初僕はその直行便を利用して宮古島へ帰る予定でした。ところが…

 

f:id:jyunbo:20181215170147p:plain

2019年1月19日は1便のみ。

価格が22,310円で到着時刻が14:30になってます。

ちなみに僕が前回宮古島に帰った理由が、祖父の四十九日の法要があった為で、14:30着だと法要の時間に間に合いません。

真っ先に、前日に出発する事を思いつきましたが、そうそう仕事も休めません。

そこでふと思ったのが、那覇空港経由で帰ること。つまりは乗り継ぎです。

 

では、2019年1月19日のセントレア那覇行きの状況を確認してみましょう。

 

f:id:jyunbo:20181215171521p:plain

 

続いて、那覇空港宮古空港を見てみます。

 

f:id:jyunbo:20181215171642p:plain

 

ふむふむ…。

ここからは、時間帯と価格を加味し、個人によって料金重視、時間重視など選択肢はいろいろあると思いますが、僕はとにかく、午前中には宮古島に着いていたかったので、スカイマークセントレア6:00発→那覇8:30着の便を選択し、そこからは全日空那覇9:35発→宮古10:30着の便を選択します。

 

それを踏まえて、セントレア宮古の直行便と比較してみます。

 

◎直行便

料金22,310円 14:30着

 

那覇経由の乗り継ぎの場合

料金19,510円(2便あわせて) 10:30着

 

となります。

料金は2,800円安く、到着時間に関しては4時間も早く到着します。

 

僕としては、4時間も早く到着できるのは魅力ですね。

 

ただし、僕には注意しなければならないことがありました。それは、、、

 

始発の電車では6:00発の便には間に合わない

 

ということです。

 

 

注意1-早朝便ー

 僕は、車を持っていません。なので、セントレア内で1泊するしかありませんでした。

 

スカイマーク早朝便に乗るため、午前4時10分 名古屋駅発セントレア行のバスに乗ってみた : 絶対に日焼けしたくない!沖縄離島旅行の持ち物

※4時10分に名古屋駅からセントレア行きのバスはありますが、僕の住んでいるところからは不便なので却下。

 

セントレア内は24時間利用可能なエリアと24時間営業のコンビニがあるので、ベンチで白目剥いて、ヨダレたらして、美しき鼻歌と歯の楽器を響かせて、寝ながらしゃべるという特技を披露しながら、拙者のライオンの如きかっこいい眠りを世の中に披露しても良かったのですが、折角なので、昨年できたカプセルホテル「TUBE Sq」を利用しました。

 

tubesq.jp

 

しかも、温浴施設「風(ふー)の湯」の利用券付きのプラン¥4,530で…。

こうなると、安くでチケット取ってもあんまり意味ない気もしますが、何度も言うように、僕は時間重視でしたので、気にしない気にしない(汗)。

 

僕はカプセルホテル初体験でしたが、特に苦に感じることはありませんでした。しかし、風の湯を時間いっぱいの22:00まで堪能したせいで、飲食店が2階の中華料理屋さんしか営業していませんでした。ちょっと残念でした。久しぶりに「味仙」の台湾ラーメンを食べたかったのに…。

 

 

注意2-乗り継ぎー

ところで、皆さんは国内線で飛行機の乗り継ぎを経験したことありますか?

僕は、仕事で何度かあるのですが、あれからだいぶ年月も経っていますし、チケットの予約などは担当者がやってくれていたので僕はほぼ乗るだけって感じだったわけです。

 

宮古島へ向かう2日前にようやく、「そういえば、乗り継ぎってどうするんだっけ?」と思ったので、ネットで調べました。

すると、「搭乗手続きの時に一括で手続きすればOK。」という記述もあれば、「乗り継ぎ先で荷物を受け取ったあとロビーへ出て、再度搭乗手続きをする必要があるので、乗り継ぎの時間には余裕を持って…。」みたいな記述があったのです。

「もしかすると、他社間での乗り継ぎの場合、いったん荷物を受け取って、再度手続きをするのでは?」と思いました。

心配になったので、セントレアを6:00に発つスカイマークに問い合わせてみると、やはり、いったん手荷物受取場から出て、再度搭乗手続き(僕の場合は宮古島へ向かう全日空で)を行わなければならない。ということを教えていただきました。

実は、帰りの飛行機も乗り継ぎで、しかも、乗り継ぎ間の時間が40分ほどしかない状態だったのですこし焦りました(結果、パタパタはしましたが間に合いました)。

元々、手荷物を預ける予定は無かったのですが、手荷物を預けてしまった場合、受取場で待つ時間とかを考慮すると、乗り継ぎを利用するときは時間に注意したほうがいいですね。

 

 

まとめます!(自分用)

中部国際空港セントレア)から宮古島へ行く際、那覇空港経由の乗り継ぎを利用したほうが、安く早く着くことができる。

◎早朝便利用の場合、前日からカプセルホテルなどを利用してセントレア内で1泊過ごした方が便利。

◎航空会社が他社間での乗り継ぎの場合、手荷物受け取り時間、搭乗手続きの時間を考慮する必要がある(できれば1時間は余裕が欲しい)。 

 

こんな感じです。

次に宮古島へ帰るのは、1回忌のときになるでしょう。

それまでにこれ、覚えているかな…。ポリポリ (・・*)ゞ

 

今回の記事の動画版


【備忘録】セントレアから宮古島へ